ホワイトペーパー

実践OpenStackを最大限活用する 設計のツボ

日本アイ・ビー・エム株式会社(GTS) 2016年12月12日

クラウド環境を構築するためのオープンソース・ソフトウェアのスタンダードとして定着しているOpenStack。その機能は年々進化を遂げ、コンポーネントの数も充実している。しかし、このOpenStackを使って最適化されたクラウド環境を設計するためには、一定の知識が必要になる。本資料では、OpenStackを活用してクラウド環境を構築する際のポイントを3つの「ツボ」としてまとめ、最適化されたクラウド環境実現のためのノウハウについて解説する。

<本資料のダイジェスト>
【ツボその1】要件に応じて必要なコンポーネントと既存の技術を柔軟に組み合わせる
【ツボその2】自動化適用範囲を見定め、オープンソースの自動化ツールを活用することで運用を劇的に改善
【ツボその3】データセンターを物理的なネットワークから解放して柔軟性を重視する

詳細はダウンロードしてご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)