ホワイトペーパー

IBMのコグニティブ技術が実現する新時代のセキュリティー

日本アイ・ビー・エム株式会社(Security) 2017年04月03日

変化しつづけるサイバー攻撃に対応するために、企業はさまざまなセキュリティー対応を迫られてきました。
どの製品を導入すれば十分ということはなく、脅威から企業を守るためには、膨大なデータや情報に基づくセキュリティー専門家の判断が欠かせません。

一方、今後ますます世界が直面することになる課題は、セキュリティー専門家の人材不足です。
2020年までに世界で150万人欠員すると言われる中、企業が変化し続ける攻撃に対応するため、心強い相談パートナーとなるのが「コグニティブ・セキュリティー」です。

「コグニティブ・セキュリティー」は、ビッグデータを利用して人と同じように理解し、考え、学ぶセキュリティーです。脅威に対するインテリジェンスと検知を選別する方法や、実用的な情報を提供することで、セキュリティー・アナリストを強力に支援します。

本資料では、ユースケースを交えてコグニティブ・セキュリティーについて解説します。既に実用化フェーズに入っているこの技術をどのように活用できるのか、ぜひ確認のためにご一読ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)