編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ホワイトペーパー

日本企業の情報漏えい事故当たり平均コストは4億5千万円に…最新の調査結果を徹底解説

日本アイ・ビー・エム株式会社(Security) 2021-04-19

ひとたび情報漏えいが発生してしまえば、それは広範囲にわたって重大な影響をもたらすことになるのは言うまでもないだろう。企業の財務上の損失を引き起こし、短期的には組織の運用とコンプライアンスに影響を及ぼすのに加え、大きな漏えい事案がニュースになると、その後何年にもわたって組織の評判が損なわれ、ビジネスの機会損失や競争上の優位性を失う恐れもある。不確実性と変化の世界にあって、こうした事態を未然に防ぐためには、まずは最新の実態を把握することが第一歩となるだろう。

IBMが提供する本資料では、2019年8月から2020年4月までの間に、17の地域と17の業界にまたがるあらゆる規模の組織で発生した524件のデータ侵害事案の分析結果について解説している。さまざまな観点での洞察とベンチマークを提供しており、組織がセキュリティー態勢を改善し、財務およびブランドの損害を軽減するのに役立つに違いない。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]