ホワイトペーパー

調査結果:働き方改革、現場の本音とは?--「個人の生産性向上ばかりが求められている」49.3%

株式会社日立製作所 2018年02月21日

「働き方改革」が、多くの企業で盛んに取り組まれている。しかし今のところ、現場や個人の努力に頼る部分がかなりある。そのため「帰宅時間が早くなった」などのメリットは実感されているものの、一方で今後継続的に成果を出し続けることは難しいのではないか、といった不安も増大している。

本資料は、日立製作所と朝日インタラクティブが共同で実施した「働き方改革」に関するアンケート結果をまとめたものだ。働き方改革のよい点や不満に思う点、取り組む上で重要な点、取り組んでみて初めて見えてきた課題など、現場の本音が分かる貴重な調査となっている。

また、日立グループが自社で実践する「働き方の見える化」についても紹介。すでに取り組んでいる企業にとっても、これから取り組んでいこうとする企業にとっても有益なヒントになりそうだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]