ホワイトペーパー

知っておきたいコンタクトセンター立ち上げのポイント-体制とプロセス編

富士通株式会社 2017年02月27日

企業とお客様をつなぎ、エンゲージメントを構築する重要なタッチポイント「コンタクトセンター」。
すでに多くの企業がコンタクトセンターやヘルプデスクを保有・運用していることでしょう。
しかしビジネスを取り巻く変化の著しい昨今、コンタクトセンターに求められるものも様変わりする中で、一度立ち上げたコンタクトセンターの運用を変えることは困難です。
だからといって手をこまねいて何の対策も講じなければ、顧客との関係構築において、どんどんと他社に先んじられてしまいます。
では、いったいどうすれば良いのか。現実解の一つはコンタクトセンターのシステムをリプレイスするタイミングで運用改善を行うことです。
本資料は、これからコンタクトセンターを立ち上げる方はもちろん、センターシステムのリプレイスを機に抜本的な運用改善を検討されている方にも非常に有用な内容となっています。
-目次
1.センター立ち上げにプロジェクトマネジメントの手法を活用
2.PMBOKを活用した立ち上げ計画
3.計画プロセス群における10の知識エリア
 ・統合
 ・スコープ
 ・タイム
 ・コスト
 ・品質
 ・人的資源
 ・コミュニケーション
 ・リスク
 ・調達
 ・ステークホルダー
4.まとめ

詳細は資料ダウンロードの上ご参照ください。
本資料が皆様のビジネスの一助になればと思います。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)