ホワイトペーパー

【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?

富士通株式会社 2017年11月15日

企業にとって大量のデータを集め、機械学習・ディープラーニングにより、意思決定や業務プロセスを科学的・自動的に行うことは、当たり前のこととなってきている。

一方でそのデータ蓄積・分析の基盤となる、サーバハードウェアのアーキテクチャはどの製品も基本的に同一と考え、データベース基盤として何を使うかの選定よりも、ソフトウェア的なデータベースのチューニングのほうに、より多くの時間を割こうとする企業は多い。

果たしてその考えは本当に正しいのだろうか。ハードウェアはどれを選んでも同じで、何を選んでも、データベースの処理性能やTCOには大差がないのだろうか。

このシンプルな疑問への解を、大量データの分析処理に日夜取り組む、楽天技術研究所のキーパーソンと日本を代表するシステムベンダー、富士通に求める。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)