ホワイトペーパー

AIやRPAはコンタクトセンターの救世主となるか?典型的な労働集約型業務に生まれた新しい課題

富士通株式会社 2018年02月19日

働き方改革における生産性の向上や、労働人口の減少が課題となっている今、典型的な労働集約型モデルと言えるコンタクトセンター業務においてこれまでとは違う課題が浮き彫りになっています。
それがオペレーターの採用や育成と言った労働力の確保です。
本記事では、不足するマンパワーという頭の痛い課題をはじめ、コンタクトセンターが持つ課題の洗い出しに加え、近年話題になっているAIやRPAといった新たなテクノロジーの課題の解決策としての可能性、そして、今後のコンタクトセンター運営の最適解とはなにかを検証します。

皆様のコンタクトセンター運営のヒントとしてご活用ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]