ホワイトペーパー

Windows ServerのEOSがチャンス! 最新機器へのリプレースで3つのビジネス価値を

日本ヒューレット・パッカード株式会社(H/W) 2018年08月03日

2020年1月14日にWindows Server 2008/R2のサポートが終了する。セキュリティ更新プログラムの提供が停止すると、システムは新たな脅威への備えを失う。いちはやいサーバーリプレースが望まれるが、そこであらためて検討したいのがサーバーハードウェアの要件だ。

かつてのように「x86サーバーはどれも同じ」ではなくなっている。特にセキュリティに関しては、「Silicon Root of Trust (シリコンレベルの信頼性)」を備えることで、未知の脅威に対して、ハードウェアレベルで対応することが可能だ。

また、SCM(Storage Class Memory)や永続性メモリ(Persistent Memory)といった最新テクノロジーへの対応、運用管理を効率化する最新機能の実装なども注目点だ。

本資料は、これからのサーバーに求められる要件とビジネス価値を「セキュリティ」「アジリティ」「経済性」の観点から網羅的に整理したサーバー選択のガイドラインだ。Windows ServerのEOSを見据えつつ、ビジネスに資するサーバへのリプレースに役立ててほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]