編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ホワイトペーパー

今後もインフラ自主運用にこだわる!英会話のGABAにみる「成長前提」の仮想化基盤とサーバ選び

日本ヒューレット・パッカード株式会社(H/W) 2019-01-31

本資料は、英会話スクール「Gabaマンツーマン英会話」を運営するGABA(ガバ)のサーバ刷新プロジェクトについて記している。

同社は自主学習を含むオンラインでの幅広いサービス開発に力を入れており、こうしたアプリケーションが今後の競争力を支える重要な柱となってきている。そのインフラの条件と同社が考えるのは、最新の独自アプリケーションを、高い信頼性とセキュリティを備えたオンプレミス環境で稼働することだ。環境を常に改善し、スピード感をもってサービスを提供するため、「自社開発・自社運用」を基本としているのだ。

資料に記しているのは、2017年に完了させた「Gaba Next Engine(GNE) 2.0」プロジェクトの内容だ。
同社は、ビジネス要求に柔軟かつスピーディーに対応するため、高い信頼性とパフォーマンスを実現できる仮想化基盤が必要と考えた。

サーバ調達の経緯も参考になるはずだ。
創業時から採用しているHPE ProLiantサーバの最新世代となる「Gen10サーバー」をオンラインストアで発注、短納期でスムーズに要求仕様のサーバーを調達。ストレージ製品も併せて全面採用し、短期間で仮想化基盤の最新化を完遂した。ハードウェアレベルで強化されたサーバーセキュリティも重視したという。

この事例から、デジタル変革に欠かせないITインフラの有り方のヒントを探ってほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]