編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ホワイトペーパー

調達コスト50%削減も夢ではない、限られた予算で高性能サーバーを調達する方法を伝授

日本ヒューレット・パッカード株式会社(H/W) 2020-03-12

中堅中小企業のIT担当者にとって悩ましい課題の1つに「システムのリプレース」が挙げられる。直近の2020年1月には「Windows Server 2008」「Windows 7」の延長サポートの終了もあった。そうしたシステムのリプレースでは様々な課題が出てくるが、特にコストの見直しを迫られるケースが多いだろう。

特に企業システムの中核を担うサーバーへの要件は厳しくなる一方だ。ファイルサーバーやデータベースサーバー、最近ではサーバー仮想化などにも用途が広がり、より性能の高さが求められている。しかし、コストもなるべく低く抑えることも要求される。

「もし、高スペックのサーバーが半分のコストで購入できたら」と考えたことはないだろうか。ある種の夢だと思われるかもしれないが、限られた予算で高性能サーバーを調達する方法は実在する。当たり前だと思っていた“あるもの”を変えるだけで済むというのだ。以降で詳しく見ていこう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]