編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

“脱PPAP”の動きが加速、パスワード付きzipファイルのメール転送に潜む重大なリスクと解決策

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 2021-02-26

ビジネスにおける社内外との連絡手段の主流であるメール。さまざまな書類など各種データをメールに添付してやり取りすることが通例となっている。現在、多くの企業・組織では、社外にファイルをメール送信する際、情報漏えい対策としてパスワード付き圧縮(zip)ファイルで暗号化した上で送信することをルール化している。

しかし、このパスワード付きzipファイルの転送手法は、「PPAP」と揶揄(やゆ)され、そのセキュリティリスクが指摘されている。2020年11月には、平井卓也デジタル改革担当大臣が今後中央省庁でこのPPAP運用を廃止することを発表。これに呼応して企業の間でも“脱PPAP”の動きが広がっている。

そもそも、PPAP運用はなぜセキュリティ的にNGなのか? 以下の資料では、PPAPが抱えるセキュリティリスクを詳しく解説し、その最適な解決策を提示する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]