ホワイトペーパー

Watsonでデータ活用!企業競争力を高める 「IBM Analytics」のデータ革新

日本アイ・ビー・エム株式会社(C-Suite) 2017年08月01日

企業の情報戦略を担うCIOや経営層にとって、社内外のデータを効率的に管理し、経営や業務の革新に活用することは常に最優先のミッションと言える。
特に、SNSやIoTなどの普及によって、データが多様化し肥大化している現在、データ活用に膨大な投資を行っているにもかかわらず、それに見合った成果を得られていないと感じるCIOも少なくない。
IBMでは、そうしたCIOに対して、適切なデータを安全に、使いやすい状態で提供できる、ガバナンスが効いたデータレイクを構築することによって、だれでも簡単に、必要なデータを的確に分析・活用できる新たなデータ活用のアプローチを提唱している。こうしたAnalytics基盤をPaaS型クラウドサービスのBluemix上で実現する「Watson Data Platform」が国内でも今期中に提供開始される予定だ。

日本IBM は2017 年4 月27 日、28 日の2 日間に渡って、コグニティブテクノロジー「Watson」を軸としたカンファレンス「IBM Watson Summit 2017」を開催し、さまざまな業種・業界におけるWatson の活用事例を通じて、人とコグニティブテクノロジーの相乗効果によって生まれる新たな価値を紹介した。

全文は資料をダウンロードしご覧頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)