編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

ホワイトペーパー

89%の企業が悩むデータ管理、ビジネスに有用なデータを提供可能な「DataOps」実践のススメ

日本アイ・ビー・エム株式会社 2022-03-16

デジタルデータがイノベーションを推進し、企業の競争上の優位性を維持する原動力であることは間違いない。また、AI(人工知能)技術などを活用した高度なデータ分析によって、ビジネスのトレンドや商機を把握することも重要だ。データの持つ価値を最大限に引き出すことで、データ分析・AI活用を加速できる。

しかし、データ関連のプロジェクトの多くが期待された投資収益率(ROI)を達成できていないのが現状だ。また、ある調査では「89%の企業がデータの管理に苦労している」との報もある。特に、有用な洞察を獲得するまでに時間がかかったり、基礎データの信頼性が欠如したりする事態が起きているという。

より迅速に結果が期待される中、信頼性が高く、ビジネスにすぐに利用可能なデータの提供が求められている。以下の資料では、最適な手法として「DataOpsの実践」を提案し、その定義から構成要素、具体的なメリットなどを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]