編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

ホワイトペーパー

アプリケーション運用の課題解決に効く「運用自動化」、詳細分析で分かった“リアルな導入効果”

日本アイ・ビー・エム株式会社 2022-04-25

現在、多くの企業システム基盤がオンプレミス、パブリッククラウド、コンテナ環境などが混在する複雑なハイブリッドクラウド環境をベースとしている。その結果、基盤上で稼働する多種多様なアプリケーションの運用管理が、IT部門の大きな課題となってきた。
具体的には、アプリケーションのパフォーマンスや可用性などが可視化しづらくなり、不足しがちなIT人材への業務負荷が増大している。また、クラウドサービスの運用コストの高騰を招いている。運用コスト削減の要求と、エンドユーザーや顧客からのシステム性能への苦情の板挟みから解放されるため、多くの現場で採用が進んでいるのが「AIを活用した自動化による運用改善」だ。

自動化することによって、具体的にはどのようなコスト削減や運用負荷経験の効果があるのだろうか。以下の資料では、アプリケーションの運用に関する管理業務の自動化を実現した企業への聞き取り調査を踏まえ、その導入効果について、コスト削減、投資収益率などの定量的な数値、定性的な評価の多角的な面で分析・考察してみた。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]