編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

本格化するDevOps、時代遅れなエンジニアにならないための“正しい”運用モニタリングの基礎知識

日本アイ・ビー・エム株式会社 2022-10-01

ビジネスのニーズに合わせた迅速な開発やアップデートが求められる昨今、システム開発部門と運用部門がより密接に連携する「DevOps」の推進が加速している。こうした時代の変化に伴い、従来の開発・運用部門の境界が明確でなくなりつつある。その結果、システム開発者の多くがシステム運用やモニタリングに直接・間接的に関わり始めてきた。特に、マイクロサービスを実行する最新のシステムはより複雑性を増し、「意味のあるモニタリング」が、開発者の重要な業務として新たに追加されている。
一見、専門外な業務ともいえるシステムのモニタリングは、どうすればより効率的に実行できるのだろうか。以下の資料では、その鍵を握る「可観測性」について、その定義やメリット、実践方法を解説する。また、新たな開発手法として「可観測性駆動型開発」にも触れる。DevOps普及期にある現在、取り残されたシステム開発者、部門になりたくなければ、一読することを推奨する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]