編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

調査結果が示す、ランサムウェア対策の現状 リスク最小化のために重視すべきポイントを解説

日本アイ・ビー・エム株式会社 2022-10-01

組織に変革をもたらす資産としてますます重要視されるデータ。しかし、複雑化する環境や運用負荷に伴い、悪意あるサイバー攻撃や人為的なミス、不注意な行為に遭う大きなリスクにさらされている。特に、IT環境の複雑さとサイバー攻撃への脆弱性には強い相関関係が存在する。複雑化すればするほど攻撃の頻度は高くなり、その対策コストも高くなってしまうのだ。

昨今では、サイバー攻撃が急増し、特にランサムウェアがより大きな脅威になりつつある。以下の資料では、ランサムウェア攻撃に関する組織の対策状況を調査した結果をまとめている。それによると、回答者の63%が過去1年間でランサムウェア攻撃を経験したという。また、48%がサイバーセキュリティ専門家の不足が自組織の課題と認識している。

ランサムウェアのリスクを最小限に抑えるために重視すべきこととは何か? その糸口として、一般的に実施されているランサムウェア対策・被害軽減策を踏まえ、データ保護の観点から「サイバーセキュリティ」から「サイバーレジリエンス」に注力することによる様々なメリットを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]