編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

調査結果が示す、世界のAI導入の現状 導入課題の乗り越え方、成功したユースケースを紹介

日本アイ・ビー・エム株式会社 2022-10-01

世界中で人工知能(AI)の導入が進み、実質的にAIの利用が普遍的なものとなっている業界や国も存在する。AIに新しい自動化機能が加わり、より使いやすく身近になり、より幅広いユースケースが確立されてきた。Morning Consultが2022年3、4月に実施したグローバル調査では「回答企業の35%企業が、ビジネスにAIを活用している」と回答し、42%が導入を検討しているという。

企業におけるAI導入課題も残っている。「AIに関するスキルと専門知識の不足」「料金が高すぎる」「モデルを開発するツールやプラットフォームがない」などがその主な要因だ。

一方で注目すべきは、 AI が企業および社会に与える影響が大きくなりつつある中、消費者からの信頼という課題に真剣に取り組み始めることもますます 重要になっていることだ。AI を実装している企業は、信頼の重要性を 認識する傾向が大きくなっている。

以下の資料は、先述したAI導入に関するグローバル調査の最新報告レポートだ。世界のAI導入状況、AIの潜在能力の発揮を妨げている障壁や課題、AIが最も成功する可能性の高いユースケース・業種・国などが記載されている。AI導入が生み出す価値を最大化したい組織は必見の内容だ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]