編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

サイロ化されたストレージ環境から脱却した5つの組織、その具体的な改善効果とは?

日本アイ・ビー・エム株式会社 2022-10-01

組織が成長するにつれ、それぞれのグループが複数の要件を持つようになると、今度は組織の中で異なるストレージ環境が混在することが多い。その結果、データがサイロ化され、異なるベンダーの多様なファイルシステムを保有することで様々な弊害が発生する。

ストレージの性能問題や所有コストは膨れ上がる一方だ。こうした課題をどのように解決すべきなのだろうか。以下の資料は、高速分散ファイルシステムを導入し、複雑化したストレージ環境の改善に成功した5つの組織の担当者へのインタビュー結果をまとめたものだ。投資収益率やコスト削減、ストレージ管理の生産性など具体的な導入効果を明らかにしている。

ストレージ環境の処理性能や運用コスト、信頼性などの改善の必要性を感じている担当者はぜひ一度目を通してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]