ホワイトペーパー

IBMが18年連続で実施した調査結果に見る実態から、データ侵害を防ぐためのコストを分析する

日本アイ・ビー・エム株式会社 2023-11-24

IBMはIT、リスク管理、セキュリティ部門の各リーダーにセキュリティ投資や戦略的意思決定などを適切に実施する上で役立つ定量的なデータを提供するため、18年連続でデータ侵害のコストに関する調査を実施しており、このたび2023年版が公開された。
本資料では、データ侵害のコストについて、グローバルの傾向をはじめ、攻撃経路、主なコスト要因、ランサムウェアと破壊的攻撃、サプライチェーン攻撃、規制環境、クラウド侵害、セキュリティAIと自動化、脆弱性とリスク管理などさまざまな視点から調査結果の詳細を説明している。さらに、データ侵害のコストを削減するのに役立つ推奨事項として、ソフトウェアの開発と導入のあらゆる段階でセキュリティ施策を実施し、定期的にテストすることなどを挙げ、その背景も説いている。それぞれの項目で、きめ細かい調査結果を、数値を交えて紹介しているため、状況の把握に非常に有用な内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]