ホワイトペーパー

すぐに分析に利用できるデータは3割以下!?AIを活用した分析に向けデータ準備はどうあるべきか

日本アイ・ビー・エム株式会社(Analytics) 2019年01月14日

ビッグデータを収集・分析してビジネスに活用しようという機運が高まる中、データの品質や整合性に課題を抱える企業が増えている。とりわけAIを活用して高度なデータ分析を行いたくても、すぐに利用できるデータがないために投資対効果が十分に得られないという悩みが多く聞かれる。
そうした課題の解決策として日本アイ・ビー・ エムが提唱するのが「データ・カタログ」という手法に基づく次世代データ・プラットフォームだ。
本資料では、日本アイ・ビー・エム クラウド事業本部 アナリティクス 事業部 第二テクニカルセールス シニア IT スペシャリス トの高田 和広氏へのインタビューより、AIを活用するために踏むべき6つのステップを紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]