ホワイトペーパー

バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント

ローグウェーブ ソフトウェア ジャパン株式会社 2018年06月08日

働き方改革が全社的に叫ばれるなか、IT担当者や開発チームは休日返上で作業している──。

そんな"ITあるある"を防ぐためには、IT担当者や開発チーム自体こそ働き方改革が必要です。とはいえ、リモートワークやテレワークだけでは不十分。それができるようになっても、開発ツールや管理ツールを効率化しなければ意味がありません。

例えば、開発におけるバグの発見と修正。ツールを改善しなければ、いままでと同じ作業を同じ時間で別の場所で実施するだけです。IT部門や開発チームの働き方改革で大事なのは、管理ツールや開発ツールそのものを改善することです。

本資料は、高価値アプリケーションの開発という観点から、業務を効率化し生産性を向上するための5つのポイントを紹介しています。これは、現場の業務効率化や働き方改革にもつながるポイントです。ぜひダウンロードしてヒントを探ってください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]