編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ホワイトペーパー

混在環境でも手間を増やさない!コストも同時に減らすバックアップの選び方--劇的な時間短縮の事例も

arcserve Japan合同会社 2019-06-17

WindowsとLinux、物理サーバと仮想マシンなど、多くの企業のITインフラは混在環境にあるが、問題となってくるのがバックアップだ。プラットフォームごとにバックアップ製品を用意しなければならず、コスト的には大きなムダが生じるとともに、管理面でも負荷が増大してしまうことになる。

そこで強くおすすめしたいのが、arcserveが提供するバックアップサーバアプライアンス「Arcserve UDP Appliance 8000シリーズ」だ。Arcserve UDPであれば、仮想マシン・物理サーバ・Windows・Linuxといったあらゆる環境のバックアップ/レプリケーションの管理のすべてを、1つのコンソールで行うことが可能となる。また、ライセンス使い放題で5年メンテナンス付ながら、ハード/ソフトを別々に調達するよりも大幅にコストを抑えることができるのである。

本資料には、Arcserve UDPの導入によってもたらされる様々なメリットについて、国内有名企業数社の事例や、主要な利用例をベースに解説している。ぜひご参考いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]