ホワイトペーパー

混在で環境も容易に運用できる、災害対策や長期のデータ保存にも対応した次世代の統合バックアップ

arcserve Japan合同会社 2019年08月16日

企業で広がっている悩みとして、IT環境の多様化に応じたバックアップの問題がある。異なる環境のストレージごとに管理していたのでは、運用負荷が増大してしまうだけでなく、リスク要因にもなりかねない。

そこで求められているのが、混在する複雑な環境のニーズを満たす次世代の統合バックアップ・リカバリ製品だ。
本資料は「Arcserve Unified Data Protection(UDP)」について解説している。容易な操作性や、災害対策などの豊富な機能を標準で利用できるなど独特の強みも備えるのが特長だ。

災害対策は、ストレージやネットワークを効率的に利用し、全体コストを抑えて実現が可能だ。イメージバックアップのテープ保管も可能で、データの長期保管や監査要件にも対応できる。

データ損失や長時間のダウンタイムなどへの備えとして、Arcserve UDPの最新版“7.0”の概要をぜひご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]