編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

ホワイトペーパー

システム運用の新たなキーワード「可観測性」-監視との違い、注目の理由、実践法など可観測性の基本を解説

Splunk Services Japan合同会社 2020-09-04

システム運用において注目されはじめたキーワードに「オブザーバビリティ(可観測性)」がある。これを一言で説明すれば、システムやアプリケーションを観測できるように開発して、メトリクスやログを収集することだ。

ここで、よく混同される施策に「監視」がある。では、具体的に可観測性と監視の違いは何か?そして、ITがビジネスの中枢を担うようになり、重要性が高まるだけでなく、マルチクラウド環境の普及など複雑化の一途をたどるITシステム運用において、なぜ注目されているのか。

本資料は、いま最もホットなキーワードとも言える可観測性、オブザーバビリティについて基本から実践まで一通り理解を助ける内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]