編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

コンテナの最大の課題は“インフラの複雑化”にあり!効果的な監視とトラブルシューティング法を知る

Splunk Services Japan合同会社 2021-08-18

いまや多くの企業が採用を進めているコンテナ技術は、コンピューティング層、OS、アプリケーションスタックの複雑さを抽象化することで、どのような環境でもアプリケーションを常に同じように動作させることができる。このため、開発者は本来のアプリケーション自体に集中できるようになり、またシステムのスピードと柔軟性も向上するなど、さまざまなメリットがもたらされるのである。しかしその一方で、コンテナを採用した分散化により、インフラが複雑になり、その結果、監視業務まで複雑化してしまうおそれがあるのだ。そこで本資料では、Splunkソフトウェアを使用することにより、コンテナ採用後の課題を解決するとともに、IT運用監視全体を効率化するためのアプローチについて解説している。ぜひ一読をおすすめしたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]