ホワイトペーパー

複雑なクラウド環境に潜む問題や脅威、想定外のダウンタイムを防ぐためのベストプラクティスとは?

Splunk Services Japan合同会社 2024-05-20

多くの企業や組織が取り入れている、マルチクラウド環境やハイブリッドクラウド環境は非常に複雑だ。こうした環境では、かつてないほど大量のデータが生成され、問題や脅威が発生しやすい状況だけでなく、監視の目が届かず適切なツールがなければほぼ見つけ出せない領域が生まれている。見落とされた問題は時間とともに複雑化し、解消のためにかかるコストと時間がどんどん増えてしまう。
大量のアラートが発生すると、エンジニアリングチームへ負担がかかり、処理能力にも限界に達する可能性がある。では、エンジニアの仕事を効率化するとともに、見落とされた問題が顕在化して泥沼の事態に陥るのを防ぐにはどうすればよいのだろうか。
本資料では、クラウド環境の課題の解決策として、監視の基本となる可視性を確保して合理化されたワークフローを確立することを提案している。また、監視ツールを導入した企業の成功事例を踏まえながら、クラウド環境の複雑さを克服して想定外のダウンタイムを防ぐ方法を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]