編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ「ジェネレーティブ」
記事まとめ:IT各社の中期経営計画

ホワイトペーパー

サードパーティクッキー廃止後、個客に刺さるマーケティング施策をどう実現すべき?

Criteo株式会社 2022-01-21

eコマース市場が活性化して多くの消費行動がデジタル化した昨今、EC業界ではこれまで以上にGDPR(EU一般データ保護規則)、CPRA(カリフォルニア州プライバシー権法)などのプライバシー保護の規制が強化されつつある。また、サードパーティクッキーの廃止が進められており、データの共有に同意(オプトイン)した消費者のデータである「ファーストパーティデータ」の活用に注目が集まっている。今後、多くのマーケターとメディアオーナーは、ファーストパーティデータを基にした効果的なマーケティングやパーソナライズド広告の配信を実現しなければならず、ファーストパーティデータを収集、分析、活用できる基盤の構築が必要不可欠だ。
以下の資料では、ファーストパーティデータを効果的に活用できる基盤に求められる3つの要素を解説し、それらを満たす具体的なソリューションの概要を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]