編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

ビッグデータ分析のアーキテクチャをTableauの観点から解説。

Tableau Japan株式会社 2021-09-01

ビッグデータの運用は複雑化しており、組織が効果的にデータを収集、整理、理解、活用するためにはあらゆる革新が必要となる。さまざまなものが膨大なデータを生むため、それを生かす形で、各業界でデジタル変革が起きている。組織は従来にないほど多様なデータをさらに扱うことになるだろう。スキーマのない JSON、リレーショナルと NoSQLなどデータ形式は増加し、活用するためのコネクタが必要となる。大量データからビジネスにおける高い収益を獲得するビッグデータだが、投資コスト、接続性、パフォーマンスなど課題を抱えるケースも多い。この資料では、クラウドインフラやストレージ、クエリなどを含むビッグデータの全体像を踏まえた上で、BI企業であるTableauの観点から、大量データ分析のエコシステムやアーキテクチャを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]