編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

ホワイトペーパー

全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

Tableau Japan株式会社 2022-01-12

デジタルトランスフォーメーション(DX)の波が押し寄せる現在のビジネス環境において、業種や業態を問わず最も重要と言えるのが、いかに効果的にデータを活用するかだ。そこでは、ビッグデータやAIといった先進的ソリューションを用い、さまざまなデータを集めて分析し、意義のある結果へと結び付ける「データドリブン経営」が求められてくる。しかしながら、明確な事業貢献や収益化を実現することは容易ではないため、多くの企業が試行錯誤を繰り返しているのも事実だ。とりわけ日本企業においてはデータ収益化への期待値は高いものの、実際に取り組んでいる企業はまだまだ少ない。そのため例えばBIツールの導入状況を見ても、欧州が86%であるのに対して日本は15%と、大きく水をあけられている状況にある。
そこで本資料では、日本全国の企業におけるすべての部門のビジネスパーソン1800人を対象にデータ活用への取り組みや意識、収益化の状況について実施したアンケート結果をもとに、各社のデータ収益化の現状と課題を分析している。人材不足や知識不足といったデータ収益化の課題をいかにして解決するかにも踏み込んでいるので、貴社のデータ活用の取り組みにも大いに参考になるはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]