編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

RPAをブラックボックスにさせない! RPAを利用するための最適解

株式会社クレオ(旧クレオネットワークス) 2019-09-25

RPAの普及に伴って、導入して初めてわかる課題が現実化してきている。代表的な課題はいわゆる「野良ロボット」だ。ロボットもある意味で人材だ。だからこそ「RPAの管理者」が必要になってきた。また、どう可視化するかも大きな課題だ。管理が不十分な状態では、ロボット開発の担当者が異動したり、退職したりすると、そのロボットが誰の管理下でどういう作業をしていたのか誰も把握できなくなる。こうした「ブラックボックス状態」をどう回避するか、RPAのユーザーが頭を悩ませている。

本資料は「RPAをブラックボックスにさせない」方法を解説したホワイトペーパーだ。 RPA業務プロセス管理ツールで一元管理と見える化を行う方法や、ロボット管理台帳でロボットを一元管理するノウハウとソリューションを紹介している。RPAのブラックボックス化の防止と効率アップに役立ててほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]