ホワイトペーパー

HadoopかHANAか?IoTの大量データも余裕で分析でき、かつ低コストな基盤構築のガイド

デル株式会社(ESG) 2017年01月31日

今後、企業で大きな課題となってくるのが、自社の業務に応じた大量データを、いかに分析していくかということだ。
扱うデータの種類は、今後も増え続けるだろう。幅広いニーズに対応する環境をできるだけ低コストで構築し、運用負荷も低減させるにはどうすればいいのか。

本資料では、Dell EMCの「Hadoopソリューション」「SAP HANAソリューション」を紹介し、その問いに答えている。Hadoopは大量のストリーミングデータの処理に威力を発揮する。また、SAP HANAは、OLTPとOLAPという2つのデータ処理形式に対応しており、多様な形式のデータ処理を高速に行うことができる。どちらを選択するか?ではなく、適材適所な使い分けが有効な場合もある。

資料では、シングルノードスケールアップ、スケールアウトといった選択肢について解説するとともに、スモールスタートへの対応、TDIラインアップについても詳しく説明している。ぜひダウンロードの上、詳細をご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)