ホワイトペーパー

組織全体のデータ活用力を最大化するには?

デル株式会社(ESG) 2017年08月03日

ビッグデータは、部門や個人の単位で対処できるものではなく、組織一体となって取り組まなければならない課題だ。従来のデータ活用のスタイルから、ビッグデータ分析も含めた最新のデータ活用のステージへと進むためには、業務とITの両面での再整備が必要となる。

業務面では、データ活用で何ができるか、データ活用で解決できる課題は何なのか、実現するために必要となるスキル・手法・人材などを明確にしておく必要がある。また、IT面では、どんなデータが必要で、どうやって集め、それらを活用するための最適な基盤を整備する必要がある。

 本資料は、EMCジャパンの「BIGDATA コンサルティングサービス」の概要や事例を紹介したものだ。「データサイエンス」「データマネジメント」「活用基盤」という業務面/IT面にわたる3つのテーマに対して、「調査/評価」「企画/計画」「設計/実装」「移行/定着化」のフェーズごとに多角的なサービスが用意されており、自社のビッグデータ活用をより効果的に進めることに役立ちそうだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)