ホワイトペーパー

【成功事例】シスコが実現をしたOPENSHIFTでの開発の改善手法とは?

レッドハット株式会社(OpenStack) 2016年02月05日

本資料ではシスコが実践した新規アプリケーションの市場投入までのリードタイムを削減、コンテナを使用してインフラ を簡素化、運用効率をした事例を紹介いたします。

全世界で71,500人の従業員規模を誇るシスコではシステム開発においてプロジェクトの要件定義から計画を構築し、開発者用にインフラをプロビジョニングで数カ月、ロールアウトまで6カ月程の時間を要しておりました。

一方でビジネステクノロジーは刻々と変わり、その変化に急速に対応する必要があります。シスコでは開発を加速化し、従来のウォーターフォール型ソフトウェア開発サイクルから、アジャイルで開発者、ITスタッフ、ビジネスステークホルダー間での一様な継続的コミュニケーションとコラボレーションを重視する「Devops」アプローチに切り替えました。

具体的なアプローチに対してシスコでは「OpenShift」を導入して開発の改善をおこないました。導入してからのメリットとしては下記になります。

・商品化までの時間を短縮
・運用効率の改善
・ホストするプラットフォームの数を削減

詳細は資料をダウンロードください

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)