ホワイトペーパー

本当にパフォーマンスや拡張性は十分?――後悔しないオープンクラウド時代のストレージ選び

レッドハット株式会社(OpenStack) 2016年11月15日

いま、オープンソースのIaaS環境構築ソフトウェア群「OpenStack」が、世界中の企業から注目を集めています。しかし一方で、企業の重要かつ膨大なデータを格納するストレージについては、意外に無頓着な企業が多いのではないでしょうか。もちろん、従来型のストレージを使うこともできますが、仮想化を想定した作りになっていないため十分なパフォーマンスが得られなかったり、必要な拡張性を備えていなかったりと、課題や不満が生じてくる可能性があるのです。

こうした課題や不安を解消するため、OpenStack FoundationのプレミアムメンバーであるRed Hatが提供するのが、先進のクラウドアーキテクチャを前提に開発したソフトウェア・デファインド・ストレージ製品群です。その中でも、x86ハードウェア上で動作する分散ストレージ技術「Ceph」採用のオープンなソフトウェア・デファインド・ストレージ「Red Hat Ceph Storage」、そして「Red Hat Enterprise Linux」の機能と「Red Hat OpenStack」テクノロジを組み合わせた「OpenStack Platform」は、OpenStackを用いたクラウド環境に最良の選択肢といえるでしょう。

本資料では、世界中の企業で利用されているRed Hatのソフトウェア・デファインド・ストレージ製品群について、その特徴や機能、他社製品に対する優位性などをご紹介しています。先進のソフトウェア・デファインド・ストレージ製品群に興味がある方は、ぜひご一読ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)