ホワイトペーパー

オープンソースソリューション導入で、既存のシステム環境をどう変えられるのか?

レッドハット株式会社(OpenStack) 2017年02月17日

CIO、もしくはそれに準じるIT部門責任者は、矢継ぎ早に出てくるユーザー部門からの要求にどう応えていくかについて、常に頭を悩ませている。要求の種類と数が多ければ多いほど、コストとそれに対応する人員が必要となる。

予算と人員の欠如を理由に、IT全般に関する改革を遅らせることは、もはや許されない。そこで多くのCIOがオープンソースソリューションの導入に注目している。昨今のオープンソースソリューションは、仮想環境やクラウド構築、システム管理はもちろん、インメモリ・データ・グリッド、アプリケーション統合、ビジネスルールとプロセスの自動化、モバイル、API管理など多岐にわたる分野に対応している。

本資料「CIOのための代替ソリューション」は、Red Hatのオープンソース・ソフトウェア開発モデルの全体像を紹介したものだ。主要ITベンダーが提供するソリューションとの比較が分かりやすく示されているので、自社システムでの導入イメージがしやすい。これまでオープンソースソリューションとは縁遠かったユーザーにとっても貴重な資料となるはずだ。

ぜひダウンロードのうえ、詳細をご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)