ホワイトペーパー

サービスメッシュからサーバーレスまで - DevOpsのアジリティをさらに高める技術の動向を知る

レッドハット株式会社 2019年02月18日

DevOpsを実現するには、リリース速度、安定性を向上させ、変化に柔軟に対応していくことが求められる。このようなDevOpsのアジリティをさらに高めるうえで期待を集めているのが、コンテナ、マイクロサービス、サービスメッシュ、サーバーレスなどの技術だ。
 これらを活用することで、リリースの単位やサイズは、従来よりも圧倒的に小さく保つことができるようになった。では、IT部門やエンジニアはこうした新しい技術をどう理解しておけばいいのか。
 本資料では、DevOpsの基本的な考え方から、knativeやistioといったマイクロサービスやサービスメッシュのコンセプトや技術を概観し、そのメリットを紹介している。最新技術の理解に役立てていただきたい。
 なお、本資料は「Red Hat Forum Tokyo 2018 」で、レッドハットのテクニカルセールス本部ソリューションアーキテクト、林政利氏が行ったプレゼン資料となる。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]