ホワイトペーパー

ハイブリッドクラウド時代に描くインフラ戦略 - ポイントは抽象化、自動化、コンテナ化の三位一体

レッドハット株式会社 2019年02月18日

デジタルトランスフォーメーション、働き方改革、エンジニア採用の困難などを背景に、IT部門は従来よりも厳しい要求が突きつけられるようになった。こうした要求にこたえていくためにポイントとなるのが、抽象化、自動化、コンテナ化の三位一体だ。
 具体的には、インフラ環境の抽象化と自動化を行い、コンテナの活用をオンプレミスとクラウド双方で実現する。これにより、厳しい要求に応える環境を手に入れることができる。
 本資料では、そのために企業やIT部門が何をすべきか、どうロードマップを描くかをガイドしている。経営層などにもわかりやすい表現で説明されており、ハイブリッドクラウド時代の基本的な考え方が理解できるはずだ。ぜひご一読いただきたい。
 なお、本資料は「Red Hat Forum Tokyo 2018」で、レッドハットのテクニカルセールス本部ソリューションアーキテクト/クラウドソリューションアーキテクトの伊藤拓矢氏が行ったプレゼン資料となる。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]