ホワイトペーパー

「貯める領域」と「使う領域」を意識する―― IoT基盤を実現のためのストレージ基盤

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2017年03月05日

世界ではすでに多くの企業・団体でIoT活用が行われ、日本でも活発化しつつある。しかし総務省の調査研究によると、2020年のIoTの推定導入率は、先進各国の中で日本が最も低いという結果が出ている。日本でのIoT活用の多くは、現在データ収集・蓄積にとどまっており、データ分析から経営効果にまでつなげているケースは少数だ。

IoT活用でのインフラ戦略では、ストレージ環境の「貯める領域」と「使う領域」の両方のパフォーマンスを向上させることがメインテーマとなる。航空機1フライト当たりで生成されるIoT関連データは200TBであり、自動運転自動車の各種センサーは1秒間に1GBのデータを生成する。このことを考えても、データを低コスト、低負荷で蓄積しながら、迅速な分析ニーズに対応できるストレージ基盤が欠かせないことは明白だ。

本資料「IoTを上手に実現するためのストレージ基盤構築方法」は、海外事例を挙げながら、SDSとオブジェクトストレージに関する解説を行っている。さらに高IOPS/低レイテンシのオールフラッシュストレージ製品を示し、「使う領域」での先進的な利用法を示している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)