ホワイトペーパー

ビッグデータ活用に必要な、ストレージの3つの機能要件とは?

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2017年03月05日

総務省の情報通信白書(平成27年版)によると、ビッグデータ分析の目的は「経営管理」「業務の効率化」「商品・サービスの品質向上」「顧客や市場の調査・分析」など多岐にわたり、複数の目的からビッグデータ分析に取り組んでいる業種、企業が増加しているという。これは、POSデータ、センサーデータ、カメラ映像、SNSなどのWebからの情報などを逐次入手して、日常的に分析作業を行っているケースが増えているということだ。

こうした時代になると、分析スピードが戦略の優位性に大きく影響する。分析のスピード向上にはサーバの高い能力はもちろんだが、それ以上にストレージの能力が問われる。いくらハイレベルなサーバを導入しても、I/O性能が低く高レイテンシ―のストレージを使っていては、常にボトルネックが発生してしまい、多様な分析を迅速に進めることができないからだ。

では、ビッグデータを活用するためにはどんなストレージが必要なのか? 本資料では3つの機能要件を掲げ、それについて事例を交えながら分かりやすく解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)