ホワイトペーパー

中小規模企業・部門向けのストレージの選択ポイントは?

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2017年03月05日

ビッグデータ時代といわれるようになって久しい。中小規模企業や各業務部門で稼働するシステム環境においても、日々データが増加し続け、パフォーマンスに不安を感じながら運用していることも珍しくない。

本資料では、ハードディスクストレージアレイ 、フラッシュストレージアレイ、サーバーベースストレージ(ソフトウェア・デファインドストレージ)という3つのストレージ製品の種別ごとに、基本的な機能と特性を解説。さらに、仮想化・クラウド、ビッグデータ活用、基幹系システム運用、データ分析という用途別に優先される機能を紹介しており、ストレージの基本知識を身に付けることができる。

また、「仮想化環境やビッグデータに適したストレージ」と「基幹系システムや分析に適したストレージ」の具体的な製品をHPEのエントリーモデルから紹介。Before-Afeterの形式で導入によるメリットを分かりやすく解説している。

ストレージ製品導入をお考えの中小規模企業や各業務部門にとって参考になる内容となっている。ぜひダウンロードのうえ、詳細をご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)