ホワイトペーパー

オールフラッシュが変えるバックアップの常識! "フラットバックアップ"で留意すべき4つのポイント

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2017年08月28日

企業ストレージの主流になりつつあるオールフラッシュストレージ。スピード、拡張性、耐障害性を備え、価格が手頃になってきたことで、多くの企業で急速に採用が進んでいる。

オールフラッシュの利用が広がるなかで、多くのIT担当者が気にしだしたのがバックアップ&リカバリーのあり方だ。ストレージシステムから外部のバックメディアにデータをコピーする従来の方式は、オールフラッシュのメリットを十分に生かせないことが多い。

データの移動やコピーに時間がかかるうえ、フラッシュよりも耐障害性や拡張性が低くなるケースもある。そこで注目されているのが、フラッシュストレージとバックアップストレージを統合し、1つの管理体系で運用をシンプル化する「フラットバックアップ」だ。

フラットバックアップ環境を構築するには、どのような点に気をつければいいのか。この資料では、
4つの留意事項にフォーカスして、オールフラッシュ時代に相応しいバックアップ戦略の実践をアドバイスしている。ぜひダウンロードして確認してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)