ホワイトペーパー

実録!「働き方改革」とビジネスの成長につながる、オールフラッシュへのストレージ基盤刷新プロジェクト

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2017年10月23日

■バックアップ時間を1/5以下に、システム運用の人手作業削減により「働き方改革」を実現

本資料には、NTTPCコミュニケーションズがストレージ基盤の刷新により、オールフラッシュならではの高い性能などを背景にサービスレベルの向上と運用体制の効率化を実現し、システム運用の現場の運用負荷軽減による『働き方改革』を目指すまでに至ったかのストーリーが詳細に記されている。

同社が提供する仮想専用サーバー(VPSクラウド)「WebARENA SuitePRO V4」は支持を拡大しており、ビジネス成長を支える基盤となっている。将来のさらなる拡大を目指す同社では、より高い信頼性を実現するに当たり、突発的なI/O負荷の高まりや、予測できないワークロードに直面しても安定的に処理できる性能が不可欠と判断。そこでオールフラッシュ製品に絞って検討を進めた結果、ストレージ機能の実効性を含めた総合的な評価を経て採用したのが、「HPE 3PAR StoreServ20000オールフラッシュアレイ」だった。

やがて「HPE 3PAR StoreServ 20000」でスナップショットを取得し、これを「HPE StoreOnce」に重複排除コピーするシンプルな仕組みを構築したNTTPCコミュニケーションズでは、オールフラッシュならではの高い性能でピーク時間帯の処理を余裕でこなすとともに、バックアップも数時間で余裕をもって完了する体制を整えることができ、運用体制の見直しにも着手することとなる。

資運用管理負荷の低減効果を含めて今後5年間のストレージコストを50%削減できる見込みとなった同社の“ストレージ基盤刷新成功ストーリー”の詳細については、ぜひダウンロードのうえその目で確かめていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)