ホワイトペーパー

従来型の人員でのIT運用では45%が無駄という事実。デジタル変革に向けどう改善すべきなのか。

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2017年11月10日

いまやテクノロジーを中心とした革新的なビジネス戦略=デジタルトランスフォーメーションを打ち出せない企業は、業種業態や規模を問わずやがて消滅することは目に見えている。そしてデジタルトランスフォーメーションには、テクノロジーだけでなく、人員やプロセスまでも変革することが求められる。しかも重要なのは、この3つすべてを同時に変革しなければならない点である。

では、現状の企業のIT環境における人員、プロセス、テクノロジーはどの程度効率的に活用されているのだろうか?IDCが行った調査結果は衝撃的だ。まず人員については平均的な効率は55%にとどまっており、45%もの無駄が存在しているのである。続くプロセスに至っては平均的な効率はわずか30%でしかない。つまり業務プロセス中には70%もの無駄が隠れていたわけだ。最後のテクノロジーについても平均的な効率は50%とたった半分である。その理由として考えられるのが、オーバープロビジョニングや継続的な使用率の低さにより、インフラからアプリケーションにサービスが提供されていないアイドル時間が多いことだ。

では、IT環境における人員・プロセス・テクノロジーの効率性を上げ、デジタルトランスフォーメーションを成功に導くためにはどうしたらいいのだろうか──。本資料には、調査結果の詳細とその分析内容が収められているとともに、デジタルトランスフォーメーションに求められる可変的(コンポーザブル)なITインフラの姿が示されている。自社を“消滅させない”と望むのであれば、一読することを強くおすすめする。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)