ホワイトペーパー

ストレージの刷新だけで、全社仮想化基盤のパフォーマンスを解決!?ある企業の軌跡を追う

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2018年05月10日

仮想化による物理リソースの集約化を進めている企業は多く、その仮想化基板上では多岐にわたるシステムが運用されている。しかしシステムの数や種類が増えてくると、やがて突き当たるのがパフォーマンスの問題だ。例えばアクセスが集中する朝夕になると、オンライン系システムのレスポンスが極度に悪化するというケースはよく聞く。

このような場合、最大のボトルネックとなっているのが、ストレージのI/Oだ。逆に言えば、ストレージのみを刷新し、I/Oの性能を一挙に引き上げれることができれば、仮想化基板上で稼働するすべてのシステムのパフォーマンスが向上すると言っても過言ではないのである。

そのための効果的なアプローチを紹介すべく、本資料では、日本ヒューレット・パッカード(HPE)の自律型フラッシュストレージ「HPE Nimble Storage」を全社利用の仮想化基盤に適用し、パフォーマンスの問題を解決するなど劇的な効果を手にしたある企業のIT部門の軌跡を収めた。実話に基づきIT部門内での生々しい会話も収録しているので、手に取るように状況がつかめるはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]