ホワイトペーパー

6年後に訪れる「データの混乱」に備えるために、ストレージ導入担当者が今考えておくべきこと

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2019年03月04日

IDCの予測によれば、2025年までに生成されるデータ量は160ゼタバイトに達する。Web、SNS、モバイル、センサー、ネットワーク接続製品から、考えられないほどの大量のデータが生成されることになる。
 こうしたデータは企業にさらなる複雑性をもたらすことは間違いない。コストが増加し、障害が長期化し、問題の解決に負われ、必要な場所でデータを利用できなくなる。
 問題は、これがそう遠くない未来ということだ。およそ6年後にはこうした「データによる混乱」が訪れるのだ。企業は今、ストレージをどう考え、どのような手段を取るべきか。
 本資料は、その答えの1つとして「インテリジェントなストレージ」を挙げ、それが企業にどんな価値を提供するのかを探ったリーフレットだ。
 さまざまな数字やアナリストの見解、企業の事例を1枚でコンパクトにまとめている。将来をざっくりと展望しながら、経営層への提案のヒントにもなるはずだ。ぜひお目通しいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]