ホワイトペーパー

複数クラウド利用の企業が74%に--では、どう避ける?データ保護の複雑化

ベリタステクノロジーズ合同会社 2017年03月27日

データ保護製品を提供するVeritasによれば、すでに74%の企業は複数ベンダーによるクラウド戦略を導入しており、ハイブリッドクラウドモデルを運用しているという。

だが複数のクラウドプラットフォームを利用すれば、どうしてもデータ保護の複雑化は避けられない。特にデータ保護に複数の単体製品を使用していた場合、「データ管理のサイロ化」「リカバリの信頼性の低下」「エンドツーエンドでの可視化が困難に」といった課題やリスクに直面してしまう。

こうした状況のなか、できるだけベンダーの固定を避け、デジタル時代に必要な可視性と制御を実現するにはどうすればいいだろうか。

本資料は、Veritasによる、クラウドデータ管理に関する短いガイドだ。この中では、「データをむやみにクラウドに移動しても、コストとリスクが増すだけ」と指摘しており、ハイブリッドクラウド環境全体をカバーするシンプルで信頼性の高い統合データ管理を提案している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)