ホワイトペーパー

AI、IoT、ビッグデータ時代は、従来のデータ管理アプローチでは生き残れない!

ベリタステクノロジーズ合同会社 2018年01月20日

“データのカンブリア爆発”と称されるほど、今日のデータ量は増加の一途をたどっている。爆発的増加の大部分を占めるのが、非構造化データだ。今後のビジネスの命運を握ると言われるAIやビッグデータ、IoT関連の取り組みの急増が、この非構造化データの増加に拍車をかけている。

しかしながら一方でデータのサイロ化も進んでおり、柔軟かつ効果的なデータ活用を妨げる要因となっている。そうしたなか、優れたコスト効率でデータを最大限に活用しながら、コンプライアンスを確保できるのが、「360度データ管理アプローチ」を採用する「Veritas Cloud Storage(VCS)」である。

VCSは、オブジェクトストレージをソフトウエアで構築するSDSであり、膨大な非構造化データの管理ニーズ、そしてAI、IoT、ビッグデータ等の「アプリで保存データを最大限に活用する方法」に革新をもたらすソリューションだ。

その真価は、ぜひ本資料をダウンロードの上ご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]