ホワイトペーパー

中規模ワークロード管理のポイントはストレージにあり!――低コストかつ効率的なシステム構築が可能に

日本アイ・ビー・エム株式会社(Storage_Flash) 2017年04月01日

皆さんの中に「ミッションクリティカルなアプリケーションは大企業のみに存在する」と思い込んでいる方はいないでしょうか。実際、中堅企業にもこれらは存在しますし、ミッションクリティカルか否かはワークロードのサイズではなく、アプリケーションの特性に依存するものです。

また「ワークロードの規模が小さければストレージ要件も小さくて済む」というのも誤りです。たとえ中規模ワークロードであっても、ストレージには大企業並みの高度な性能/信頼性/セキュリティが求められます。唯一の違いとしては、中規模ワークロードを管理するITグループの予算が、大企業と比べて大きく制限されている傾向が強いことでしょう。

中規模ワークロードと高性能ストレージというニーズを満たす最適解。それは、中断を最小限に抑える仮想化されたシステムにあります。ストレージ仮想化が重要である理由は、さまざまなストレージ製品の違いを抽象化することで、ひとつの仮想化されたストレージプール、共通のデータサービスのセット、そしてストレージリソースを管理する共通インターフェースが実現できるという点です。これによりコストを抑えつつも、効率的なシステムが構築可能になります。

本資料では、こうした中規模ワークロードに対するストレージの役割解説に加えて、具体的な製品群の能力評価、各種モデル比較などを掲載しています。中規模ワークロードのストレージに課題を抱える企業は、ぜひご一読ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)