ホワイトペーパー

多種多様なデータを蓄積する「データレイク」が主流になる中で、求められるストレージソリューションとは?

日本アイ・ビー・エム株式会社(Storage_SDS) 2016年10月12日

データの分析技術の急速な発展によって非構造化データの分析が容易になったことで、より多くのデータを蓄積して活用しようと考える企業が増えています。こうした企業の注目を集めているITインフラが、非構造化データを含む多種多様なデータを収集して蓄積するアーキテクチャーである「データレイク」です。

 あらかじめ分析内容を想定して、取り出しやすい構造に形を整えた上でデータを保存する必要があるデータウェアハウスと異なり、分析ニーズが生まれてから分析方法を工夫するという考え方のデータレイクは、データを加工することなく保存します。そのため、利用者にとって自由度が高く、市場環境などの変化に応じた分析にも活用しやすいという特徴があります。

 IDCが提供する本ホワイトペーパーでは、デジタル化によって生まれる社会変化や、データレイクが主流となる背景を考察。さらに、分析プラットフォームやデータレイクでの利用価値が高いSoftware-Defined Storageを始めとするストレージ製品とクラウドサービスを包括的に揃えているIBMのストレージソリューションを、どのように活用すべきかに言及しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)