編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ホワイトペーパー

安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

ヴイエムウェア株式会社(NSX) 2020-06-02

テレワークや在宅勤務が多くの企業に普及しはじめている。こうした働き方でカギになるのはクラウドや個人デバイスといった社外リソースの活用だが、データセンター(DC)運用という側面からはセキュリティの課題が深刻化しつつある。
分散型アプリケーションやマイクロサービスの増加に伴い、DC内のネットワークトラフィックが多様化した。同時に、DC内のアプリケーションからパブリッククラウドやエンドユーザーのデバイスへの接続が増えたことで、DCの境界は曖昧になった。その結果、DCでは侵入検知や侵入防止(IDS/IPS)に関して新しいアプローチが求められるようになったのだ。
本資料は、安全なテレワークや在宅勤務を担保するための、DCセキュリティの新しいアーキテクチャとアプローチを解説したホワイトペーパーだ。DC内で行われるいわゆるEast-West通信に対してどのようにIDS/IPSを稼働させるかを技術的な側面から詳しく解説している。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]